2010年7月29日木曜日

読んでていらいらする本

本日読んだ本は、こちら。
Amazon.co.jp: 妻と罰: 土屋 賢二: 本


なんかの雑誌の記事で、この人の奥さんがとても怖いという話を読んで、
この本を読んでみようと思った。

それは、うちの奥さんも何を隠そう怖いから共感できるかなと思って
読もうと思ったのである。

がしかし、読んでみて全然面白くないどころか、読んでいていらいらしてきた。

読んで、つまんないなと思う本は星の数ほど存在するが、読んでいてムカムカしてくる
本というのは、読書を本格的に始めてから10年近くたつが、初めてである。

まず、はじがきに。私は、エッセイはフィクションしか書かない主義だなんて
書いておきながら、すぐに、妄想や事実ではないエッセーが出てきて、まずこの部分で
いらいらしてきた。

まぁ、好きな人はいるんだろうけど、私には、絶対にこの文章の感性は理解できない。

本文の内容は、ユーモア風に書かれているんだけども、全然私にとっては面白くないし、
この回りくどい表現なんかは、いらいら感が爆発である。
また、よくわからん屁理屈にもいらいら感が爆発してしまった。

もう、絶対に読まない。この人の本は。

2010年7月27日火曜日

車の燃費を調べられるサイト

車の燃費がわかるサイト。素晴らしいサイトです。

e燃費 検索 - カーライフナビe燃費。


この間、ニコニコレンタカーで借りた車は「トヨタ カリーナED」だったのだけど、
まさに、この程度の燃費だった。

http://carlifenavi.com/enenpi/cartype/2663


だいたい50km走って5リットルのガソリンを消費したので。

2010年7月18日日曜日

鍋ぞう

昨日は、鍋ぞうというところに行ってきてしゃぶしゃぶを食べてきた。
塩とんこつというスープで豚肉のしゃぶしゃぶが最高にうまかった。
また、このスープで食べるラーメンもなかなかうまかった。

http://www.wondertable.com/app/tenpo/gyotai_osusume?code=Nabezou

本当は、くら寿司に行く予定だったんだけど、200分待ちというありえない
待ち時間だったので予定変更した。

しかし、くら寿司の待ち時間って何とかならんもんだろうか。

200分待ちって飲食店の待ち時間じゃないよね。

2010年7月14日水曜日

蛇口から「うどん」ダシ、高松空港でPR

香川県では、うどんの出汁が出てくる蛇口ができたそうです。

四国には、一度行きたいなと思っているので、行った際には、

是非これを利用してみたいと思う。

2010年7月11日日曜日

YouTubeをながら見

YouTube動画をながら見することができる機能が追加したようです。

米GoogleがYouTubeを「ながら見」できる新UI、マウス操作不要で動画選択 - ニュース:ITpro

これでやるとニュースなんかも次々と切り替わっていくので便利かも。

2010年7月10日土曜日

いろいろなサイトのプランを一括で検索

じゃらん、楽天、JTB、KNT、阪急交通社などのそこそこメジャーどころの
宿泊プランが一括で比較できるので便利。

一泊2食付で「万座プリンスホテル」で2名1室で一番安いところは
どこかなんていう探し方ができるので素晴らしいです。

国内・海外旅行 宿・ホテル予約 総合旅行サイト - BIGLOBE旅行

このサイトは、今後も利用させてもらおうと思う。

2010年7月6日火曜日

英会話ー感情表現

さっきの動画と類似だけども、感情表現を表すもの。



アメリカ人の子供はこんな映像を見て言葉を覚えていくんだろうか。

英会話ー天気表現

やっぱり英会話はこんな感じのビデオを見たほうが上達が速い気がする。

日本の英会話教育は、こんな感じでやった方がいいのではないだろうかと思う。



この動画を見れば、天気の一通りの表現は誰でも覚えられるだろう。

私もこんな風にして英語を覚えればよかったと後悔してもしょうがないんだけど。

2010年7月5日月曜日

小泉進次郎さんの応援演説に行く

昨日は、家の近くに小泉進次郎氏が応援演説に来たので見に行ってきた。

小泉進次郎氏のいいところは、他の政治家の個人を攻撃するという悪口を言わなかったこと。

他の政治家は、菅さんは逃げ回っているので「ニゲカン」と呼ばれているなんていう
悪口を言っていたりして、それは、どうなんだろうという気分になる。

逃げているから菅さんを糾弾してっていうのは、政治化の姿勢としていかがなもんだろうか
と思ってしまう。悪口を言う前に自分ですべきことがあるのではないだろうか。

昨日、見に行った応援演説が読売新聞のWebサイトで記事になっていて、写真が掲載されていた。

大物続々最後の日曜日 : 神奈川 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

ここに小さく私が写っている。
このくらいの人が集まっていて、やっぱ小泉進次郎人気はすごいなと感じた。

自分以外には見つけられないだろうけど。