2014年12月5日金曜日

急激な円安が心配

最近、どんどんと円安が進んできている。

アベノミクスの始まる前は1ドル80円くらいだったのに今は120円になってしまった。
この急激な変化はちょっと心配。これは当時と比べて円の価値が2/3になっているということです。
言い換えれば、同じお金で120個変えてたのに80個しか変えなくなったということです。

まだ、一般消費者のところには、ココまでの急激な部分は着ていない感覚ですが、
しばらくこの状態が続けば、消費者サイドで。33%くらいの値上げを実感する
ところが来ると言うことになります。

なんで、このまま行けばもう10%くらいはいろんなものが値上げされることになるんだろうな。

日銀も政府も100円くらいは想定内だったと思うんだけど、ここの値って想定内なのかな。